北山台杉

西暦1200年頃に京都 北山林業は普通挿木法の考案に伴い、急速に発展しました。

建築用の垂木丸太を効率よく生産するのを目的として、北山台杉は作られるようになりましたが、その姿が美しいことから多くの寺社・個人邸など様々な庭園において庭木として植えられてきました。自社では、先代より生産してきた為、造園会社の中でも最も多く北山台杉を所有しており、全国で台杉を用いた京風庭園の作庭を行なっております。

また、台杉の手入れには必要不可欠な枝打ち鎌を使った剪定(手入れ)をしております。

北山台杉の魅力として、真っ直ぐ伸びる垂木に力強さがあり象徴的ですが、これから垂木となりえる取り木が横に広がる姿もきれいで、和風庭園の石や下草との調和は北山台杉でしかない美しさがあります。

また、現代の建築にも周りの庭木や石の組み合わせ、鉢植えにより、「モダン」にすることもできます。
品種として、本白杉、柴原杉、種杉等があるが、自社の北山台杉は、全て挿し木によって栽培された「本白杉」と呼ばれるもので、個人邸に植える際に気になることが多い、花粉症の原因となる実をつけるのが困難な品種のため安心して鑑賞して頂けます。

ページトップへ